葬儀というのは突然報せがくるので慌ててしまうことも多々あります。

必ず守るべき葬儀のマナー

本来の葬儀の意味を取り戻しつつある現代の葬儀 葬儀というのは突然報せがくるので慌ててしまうことも多々あります。しかし、マナーがわからない状態で行動してしまうと失敗してしまいますので、必ずどうすることが正しいのか理解した上で行動してください。よく考えればわかることだとしてもいざという時になかなか冷静に行動できないものなのでしっかり理解しておく必要があります。まず。訃報というのは時間関係なく来る可能性があります。しかし、いくら心配をしているからと言って、深夜に行くようなことは避けてください。必ず今後のスケジュールだけ聞いて、まずは終話します。

また、似たようなことで遺族の方に電話をかけてお悔やみを述べるということもやめます。これは正しいように思えますが、葬儀を控えた遺族というのは非常に忙しく、悲しみも大きいのでこうした状態の中電話をかけてお悔やみを述べるのは非礼だととらえられます。もし葬儀に参列できないのでお悔やみだけでもという気持ちなら、葬儀を行う会場へ弔電を送るようにしてください。基本的に後日遺族から挨拶などの連絡が入るのでそれまでは静観することが望ましいです。葬儀に参列できるのであれば電話をかけずに直接会場に行って、故人を偲ぶようにします。

Copyright (C)2019本来の葬儀の意味を取り戻しつつある現代の葬儀.All rights reserved.