忙しい現代の日本人にとって、昔と違って日常生活の中で人が亡くなることを意識することが少なくなってきています。

残された人の気持ちを尊重するようになってきた現代の葬儀

本来の葬儀の意味を取り戻しつつある現代の葬儀 忙しい現代の日本人にとって、昔と違って日常生活の中で人が亡くなることを意識することが少なくなってきています。そして、葬儀の形も様々に変化していき、儀式は簡略化されることがどんどん増えているようです。最近は、特に都市部などではお通夜や告別式といった儀式を何も行わずに火葬だけを済ませる直葬と呼ばれる形を選ぶ人が多くなっています。この葬儀の簡略化は、ただ単に人々の葬儀に対しての意識が多様化したということだけではないようです。以前でも、人が亡くなることは、大切な家族や親しい友人との別れを悲しむ気持ちには同じでした。しかし、そこで葬儀という儀式を行うにあたっては、故人に対する気持ちよりも、周囲に対する気遣いといったことのほうを優先しなければならない風潮がありました。

昔のお葬式はが、どれだけ派手な式を行ったかに焦点があてられていたことは否定できません。人々の見た目に対する意識が優先された結果として、葬儀は終わった後に一体何のためのお葬式だったかと後悔のようなものを感じた人も多くいたようです。そんな派手さを優先させていたことに対して反発のような気持ちも徐々に芽生えていったのかもしれません。お葬式は、もちろん故人の為の儀式ですが、故人は亡くなっていて、それを確認することはできません。したがって、結果としては残された人々のため、亡くなった人とのお別れを受け入れ、納得するための儀式になります。その本来のお葬式の姿が、現代になりようやく残された人の気持ちを尊重する、それが儀式の簡略化だったとしても、受け入れてもらえる世の中になってきたということなのかもしれません。

比べてお得!

Copyright (C)2019本来の葬儀の意味を取り戻しつつある現代の葬儀.All rights reserved.