日本の葬儀は一般的に仏式で行われています。

様々な葬儀の種類と特徴

本来の葬儀の意味を取り戻しつつある現代の葬儀 日本の葬儀は一般的に仏式で行われています。遺族や親族だけでなく、故人を知る方々と一緒に見送る葬儀は一般葬、社葬、合同葬などがあります。一般葬は、遺族、親族以外の友人や町内会、職場関係者にも会葬してもらうお葬式です。社葬、合同葬は、創業者や役員、業務遂行中に亡くなられた社員等を企業が遺族と一体となって追悼する葬儀で、企業にとっては社会的評価にも繋がります。また、最近多いのが遺族や身内だけで見送る葬儀の家族葬や密葬です。家族葬は近親者のみで行い、葬儀場などで葬儀し、火葬までを一日で行います。密葬も家族葬と似ていますが、葬儀場などで葬儀、火葬を行った後に後日、ホールなどで本葬行います。どちらも近親者のみの為、弔問客に気を使うことなく、費用も抑えられるから選ぶ方も増えていますが、祭壇・棺等は一般葬と同じものを使用したり、香典等も無い為、あまり費用が変わらないという場合もあります。そして、故人が生前から信仰する宗教があった場合は、その宗教に沿った葬儀を執り行う事も出来ます。

葬儀会場としてもっとも一般的なのが会館葬、斎場葬です。火葬場を併設した式場などで行う葬儀は、会場費用はかかりますが、移動に時間も掛からず、流れもスムーズに行えるので安心です。自宅葬は会場費用もかからず、祭壇や飲食費などもリーズナブルにすることができる事から、自宅葬に適したプランを提供してくれる葬儀会社も増えています。仏教徒の方やキリスト教徒の方の葬儀の場合、菩提寺の本堂や教会の会堂を葬儀会場とする事も出来ます。生前の故人の意思も尊重し、悔いの残らない葬儀を選びましょう。

比べてお得!

Copyright (C)2019本来の葬儀の意味を取り戻しつつある現代の葬儀.All rights reserved.