日本では、人間が亡くなった時に特別な理由がない限り、葬儀を執り行うのが一般的です。

国や地域によって様々な葬儀

本来の葬儀の意味を取り戻しつつある現代の葬儀 日本では、人間が亡くなった時に特別な理由がない限り、葬儀を執り行うのが一般的です。日本では火葬がほとんどです。昔は日本でも地域の習わしによって土葬している地域もありましたが、今は、ほぼ火葬になっています。

葬儀は日本だけでなく、世界のあらゆるところで行われています。そのスタイルは国や地域によって様々なスタイルがあります。今でも土葬をしている地域もあります。日本は火葬なので、あまりピンとこない方もいるかもしれませんが、国によっては土葬が当たり前の国もあります。また、日本の葬儀とは全く違うしきたりで執り行われている所もあります。国によっては音楽にあわせて踊り、おいしいものをみんなで食べます。悲壮感はなくとても明るいお葬式もあります。これは亡くなった方をみんなで楽しく送り出してあげる意味がこめられています。

このように地域や国によって様々なスタイルで行われています。葬儀はある意味、その国の文化なども映し出しています。葬儀に参加することによって知るマナーや習慣によって、その国の習わしや国民性を理解できるでしょう。これだけ沢山の葬儀のスタイルはありますが、亡くなった方への弔いの気持ちは世界共通なのではないでしょうか。その国のやり方できちんと亡くなった方を送り出してあげましょう。

Copyright (C)2019本来の葬儀の意味を取り戻しつつある現代の葬儀.All rights reserved.