本来、葬儀で着る喪服というのは遺族の方が喪に服しているという意味合いのものになります。

葬儀の際に着ていく喪服とは

本来の葬儀の意味を取り戻しつつある現代の葬儀 本来、葬儀で着る喪服というのは遺族の方が喪に服しているという意味合いのものになります。参列する側は故人を偲ぶために正装をするという意味合いで喪服を着ます。ただし、喪服と言っても遺族の方よりも格が上にならないように、略式の喪服を着用するようにしてください。略式というのは黒いスーツや黒のフォーマルな服のことです。喪服というのは決め事が多いものだと覚えているとマナーのある人だと印象づけられます。基本は失礼にあたらないような服装を心がけるようにしてください。基本的に仮通夜、通夜、告別式と少し違います。

まず、仮通夜はなくなった直後に行われるので、急いで駆けつけるものなので基本的に地味な平服で良いです。逆に喪服を着て行くと不幸を予測していたように感じられるので避けてください。通夜も仮通夜と同じ意味合いを持っていますが、本当に急ではない限り告別式に着て行くような喪服を着用するようにしてください。また、通夜であれば紺やグレーなどでも良いですが、告別式の場合は必ず黒のスーツやフォーマルな服を着るようにしてください。最近では貸衣装レンタルをすることもできますが、訃報は突然なので慌ててしまわないためにも、冠婚葬祭全てにおいて使用できるフォーマルウェアや靴、バッグなどの一式を揃えておくようにしておくと良いです。

Copyright (C)2019本来の葬儀の意味を取り戻しつつある現代の葬儀.All rights reserved.