突然の訃報を受けて、葬儀に参列する場合、必ず用意しなくてはいけないものは香典です。

葬儀に参列した時の香典の目安

本来の葬儀の意味を取り戻しつつある現代の葬儀 突然の訃報を受けて、葬儀に参列する場合、必ず用意しなくてはいけないものは香典です。線香や花の代わりに供えるもので、現金を包みます。地方や宗教上のしきたりなども考えられますが、一般的にはまず訃報を受けたら先方に宗教を確認します。その後、香典を用意して通夜か告別式に持参します。訃報直後に持参すると先方も慌ただしくしている場合も多く、迷惑になる可能性があるので避けてください。また、遠方にいて参列することが難しい場合は、不祝儀袋に入れた現金を現金書留で郵送するだけでも良いです。香典の金額は多ければよくて少ないのは悪いというわけではなく、故人や遺族との関わりの深さ、年齢、立場などによっても変わってきます。

目安としては、5、000円から10、000円程度です。友人の家族ではなく、会社や取引先の場合であれば、亡くなられた方の役職や社葬なのかどうかという部分も関係してきます。ただ、会社や取引先の方の葬儀であれば自分が勤めている会社名で香典を出すこともあるので、まずは上司に相談するようにしてください。こうした会社とのやり取りのある人の場合は大体10、000円以上は香典を包むのが一般的です。どちらにしても普段からどのような付き合いがあるかによって金額を決めるようにしてください。

比べてお得!

Copyright (C)2019本来の葬儀の意味を取り戻しつつある現代の葬儀.All rights reserved.