昔と違って、今は葬儀も多種多様です。

葬儀はコンパクトにまとめることも可能です

本来の葬儀の意味を取り戻しつつある現代の葬儀 昔と違って、今は葬儀も多種多様です。こうしなければならない、最低これくらいの祭壇を用意しなければならない、といったような制約も今はだいぶ薄れ、予算に応じてできる範囲の告別式が人気です。それもほぼ業者におまかせすればあちらで全部やってもらえます。遺族がやることと言えば、死亡診断書、火葬許可証の手続きや遺影の写真を決めることくらいです。核家族化が進んでいることもあり、何日もかけて葬儀の準備をするのが難しいせいでもあるでしょう。昔と違って自由に使える貯蓄が少なく、葬儀に出せるお金が限られているせいでもあります。

大きな祭壇を出して型にはまった形式の葬儀も必要ありません。参列者をお呼びしないで家族とごく親しい友人たちだけで行なうことも可能です。お坊さんの読経も必要なければ省略して構いません。家族葬のような式に対応してくれる業者を選ぶことで、スムーズにやりたいスタイルの式ができます。口うるさく言う親類もおらず、おおらかな遺族ばかりなら、少人数で簡略化した式もいいでしょう。故人がまだ若かったり、亡くなった事情が複雑だったり、世間がさわぐような有名人だったりする場合には、家族だけで静かに送ってあげるのも方法の一つです。

Copyright (C)2019本来の葬儀の意味を取り戻しつつある現代の葬儀.All rights reserved.